浮気調査に強い興信所や探偵

興信所や探偵は、今では業務に違いが無く、同じ調査を引き受けていらっしゃる。
ただ、それぞれの興信所や探偵事務所で、専門分野、調査能力、技術力などに違いがあり、得意・不得意があるので、会社ごとの業務内容を確認する必要があります。

興信所や探偵へ依頼する案件で断然多いのが、「浮気調査」や「不倫調査」だ。
これらの悩みは、周りの人には結構相談できませんし、自分1人ではどうすることもできないので、探偵などの専門的な調査をお願いするしかないのでしょう。

浮気調査を依頼する際は、ますます調査力が大きい業者を選ぶ必要があります。
なぜなら、浮気調査の場合、失敗してターゲットに調査がバレてしまったら、再び調査を手がけることができなくなってしまうからだ。
そのため、浮気調査を依頼するなら、浮気調査を専門としている業者を選びましょう。

浮気調査に強い興信所や探偵事務所では、如何なる内容のサービスが行われているのでしょうか?ひとまず、浮気調査で一番の重要なのは、ターゲットが浮気や不倫をしているどうかを明確にして、そういう事実を証明するために、不貞行為の証拠を入手することだ。

そのために、依頼者も自分で調査ができるように、GPSなどの調査機器をレンタルし、ターゲットの車に取り付けて、行動を探る方法も用いられていらっしゃる。
スマフォのアプリと連動してあり、依頼者もリアルタイムで確認することができます。
ラブホテルのパーキングに入ったことが行き渡り、ホテルに入った時と出たところ、決定的な証拠撮影ができるようになります。
ただし、GPSに気づかれてしまったら調査が続けられなくなるので、高い技術力と実績のある業者を選ぶことが大切です。

その他にも、浮気が発覚したら、その相手は誰なのか特定し、詳しい情報まで入手する調査が行われたり、調査が終了しても、やがてどうするのか話し合ったり、裁判で使用する浮気の証拠とレポートを作成したり決める。

興信所や探偵事務所に浮気調査を依頼すると、証拠を掴むためにさまざまな方法が行われますが、依頼者によって事情が異なるので、調査方法にもそれぞれで違いがあります。
それでは、興信所や探偵で浮気調査で受け取れる主な方法について紹介します。

・尾行

徒歩による尾行は、ターゲットから約100m〜200mを目安に距離を持ち、直線では見失わない程度に離れ、カーブではたどり着くことを繰り返します。
服装などの見た目が不自然だと気づかれてしまうので、現場になじむ自然体の服装で尾行決める。

状況によって違いますが、車やバイクで尾行する場合もあります。
ターゲットの車の後ろについて走る場合と、ターゲットとの間に1、2台はさんで走る場合があります。
すぐ後ろについて駆ける場合は、不自然な運転をしていると、バックミラーでターゲットに確認されてしまうし、信号によって見失わないように加速するなど、高度な運転技術も必要になります。

・張り込み

張り込みでは、絶対に不自然であってはいけないので、車内で待つ場合も、エンジンを止めた状態で後部座席に移動して、無人の車に偽ることもあります。
使用される車は、ワゴン車が多く、後部座席には、フィルムを貼ってカーテンを閉め、外から中が見えないように決める。

また、真っ暗な夜間の張り込みや、薄暗い場所に残るラブホテルのパーキングなどでは、物悲しいところでもきれいにちゃんと撮影することができる機材が必要になります。

・聞き込み

近隣の住民などに聞き込みを行うこともあります。
場合によっては、ターゲット本人に聞き込みを行うこともありますが、それは全くレアなケースで、下調べを重ねてその人が話していただける可能性が高いと判断された場合のみです。
本人に聞き込みをする場合は、かなり周到な調査が必要ですが、周りの人物に対面する際も、情報を聞き出す良い技術を要求されます。www.botenverhuurinflevoland.nl