こうした方におすすめ!加圧レギンス�@

巷には加圧レギンスが多く発売されていますが、どんなタイプの人に加圧レギンスはおススメとなるのでしょうか。
ここでは暮らしから加圧レギンスをおすすめするタイプをご紹介したいと思います。

●立ち仕事をしている方●
ワーカーやレジ打ちをしている方等、基本的には立った姿勢のまま仕事をしている方の場合、むくみ易いという傾向があります。

夕方になると足がパンパンな状態になりませんか?
その原因は、おんなじ姿勢を長時間継続する事による、血液や水分の流れが原因です。立った姿勢の場合、血液や水分は重力に従って、脚へと集中します。ですので、脚に溜まりやすいのです。

家に帰る頃に脚が痛いと感じている、その症状もむくみが原因です。
ですので、そうした方は加圧レギンスも、むくみ解消の行えるタイプの製品を選ぶ事で、ずいぶん楽になります。

むくみ解消のできる加圧レギンスの場合、適度な加圧にプラスして、あたためるという効果もあるので、血行が促されるのです。

●毎日中歩いている方●
外回りや、諸々へとあるく事が多い方というタイプも、むくみ易い脚の方が多いです。
こんな方は、夕方や夜になると脚に痛みを感じているほうが数多く、翌朝になると脚がパンパンになっていて、履きなれて要る靴がキツク受取る事もあるはずです。

それは、歩き回ってある事で運動量が多い為に、代謝が促進されて掛かるという事もあるのですが、老廃物が溜まりやすい状態になってある事が原因です。

加圧レギンスを選ぶ際に、どんなタイプが自分に合うのかどうか、ようやく購入する場合には、それほどわかりませんね。
ここでは、購入する際に知っておくと便利なポイントをご紹介していきたいと思います。

購入してから後悔しないように、以下の事を参考にしてください。

●加圧のレベル●
加圧レギンスは、商品によって圧力の強さは異なっていきます。
この時に、『圧力が厳しいほど、効果を得る事が見込める』と考えている方は、その考えを捨てましょう。

こういう加圧のレベルというのは、むくみの症状がどのくらいなのかという”今のむくみの症状”によって、おススメとなるレベルは変わっていきます。そこをはき違えないようにしていく事が、最適な加圧レギンスを選ぶポイントとなります。

現在、販売されている加圧レベルの表示には、『hPa(ヘクトパスカル)』または『mmHg(ミリエイチジー)』と明記されてある事が多いので、こういう2つのレベルで解説していきたいと思います。
因みに、1mmHgというレベルは、約1.3hPaとたいてい同等であるという目安を塗りつける事が出来ますので、参考にしてください。

●症状別加圧レベル●
では、症状特別おススメ講じる加圧レベルだ。

・軽々しいむくみの場合・・・おススメのhPa:約13〜26hPa、おススメのmmHg:約10〜20mmHg
・中度から重度のむくみの場合・・・おススメのhPa:約26〜39hPa、おススメのmmHg:約20〜30mmHg
・治療として通じる医療用の場合・・・hPa:約39〜65hPa、mmHg:約30〜50mmHgfoucaultplus.org